自分でもできる浮気調査の第一歩

恋人や配偶者の動向を怪しいと感じたら、まずは自分でできる範囲の浮気調査から始めましょう。
まずは、思い切って相手の携帯電話を見てみましょう。
メールなどのやり取りから浮気の実態が浮かび上がってくるかも知れません。
一見怪しいメールがなくても逐一消去している場合もあるので、フォルダ容量に対してメールの数が少ない場合などは注意が必要です。
また、浮気相手を正しい名前でアドレス登録・フォルダ分けしているとは限りません。
友達や家族に見えるような名前に偽装していることもあるので、全てのメールをチェックしてみましょう。
また、同棲相手や配偶者が自宅で浮気をしている可能性があるときは、家に盗聴器や隠しカメラを仕掛けて浮気調査をするのも有効です。
決定的な証拠が手に入るかも知れません。
盗聴器もカメラも自分の家に仕掛けるだけなら何の罪には問われませんし、離婚調停などで証拠として使えない、ということもありません。
車の場合も同様です。
特に車の場合にはドライブレコーダーにも浮気の証拠となる映像や音声が残っているかも知れませんので、付けている方はぜひチェックしてみて下さい。