浮気調査をする前に自分でやるべきこと2つ

調査会社に浮気調査をする時には、まず相手が確実に浮気をしている日を予測しましょう。
「毎週水曜日が怪しい」とか「自分が出張に行っている間」や「相手が友達と旅行に行くと言っていた日」などです。
「一週間」や「一ヶ月」という頼み方ももちろんできますが調査費用が嵩んでしまいます。
お金に糸目をつけないという方はそれでも構いませんが、そうでなければピンポイントで日時を指定して浮気調査してもらった方が費用は安く抑えられます。
自分が出張である、と嘘をついて友達の家に泊めてもらうのも良いでしょう。
また、可能なかぎり相手の携帯電話やパソコンは必ずチェックしてしまいましょう。
携帯電話を見るのは気が引ける、と思う方もいらっしゃるかも知れませんが、この時代に文通しているなどということはほぼあり得ませんから、必ずどこかに浮気の痕跡が残っているはずです。
アドレス帳、メール、ライン、フェイスブック、インターネットの履歴、写真フォルダなどチェックすべき所はたくさんあります。
パスワードが分からない場合でも諦めてはいけません。
家族の誕生日、車のナンバー、電話番号、など思いつく限りを試してみて下さい。
また、携帯を操作する手の動きから数字を予想することもできます。