鍼灸治療を跡が残らないか不安がある

切り傷などをしたとしても小さいものならいつの間にか治って傷跡も消えることが多いです。ただ年齢が高くなるにつれて傷が治りにくくなったり治っても傷跡が残ってしまうケースが出てきます。血液採取などで注射をしてもらうと小さい注射の跡ができますがそれが残ってしまうこともあるでしょう。となると鍼灸治療を受けるにあたっては跡が残らないか心配になるかもしれません。鍼なら傷跡が残りそうですし、お灸ならやけどのような跡が残りそうです。鍼灸治療で使われる鍼は非常に細いので出血することはまずありません。鍼を刺せば目に見えない傷はできるものの非常に小さいものになり、注射の跡のように残ることはないでしょう。一方お灸に関しては強さや灸の種類によっては一時的に残ることがあります。どうしても跡をつけるのが嫌な時は施術を受ける前にそれを伝えておきましょう。また跡が残ると言っても一時的なものなので、一定期間が過ぎれば将来的にはほぼ消えてしまいます。